WORKING CONDITIONS
働く環境

評価制度
MRTでは、カルチャーフィット・実績・行動・能力・挑戦の 5軸で評価を実施しています。
エンジニアの能力評価はエンジニアが、デザイナーの能力評価にはデザイナーが必ず入ることで、
専門性を高める支援やフィードバックを受けられる仕組みになっています。
昇格は、評価によりサブリーダー、リーダー、シニアリーダー、マネージャーへとキャリアアップしていきます。
MVP表彰制度
月初の全体朝礼で、クレドやパフォーマンスで実績を出したスタッフが各チームからノミネートされ、社内で表彰されます。
さらに選出された中から、月間MVPが1名選ばれます。選出された方はもちろん、MVPに選ばれた方は、会社から金一封がもらえます。
YMS制度(再雇用制度)
Y(やっぱり)M(MRTが)S(好き)の略で、退職者の再就職を促進する制度です。
2年以上在籍した方など、ある一定の基準を満たした方が退職時に申請を行えます。
これにより、長期のキャリア形成が可能となります。
公募制度
社員が担当業務に対して「やりたい」意志を自ら持つことを大切にしています。
社員それぞれがやりたいことを実現するためのしくみの一つとして社内公募を推進しており、
社内公募によって異動が増えることが、社内の活性化にもつながると考えています。
メンター制度
入社前:MRTに早く馴染んで活躍できるように、HRから企業のミッションやプロダクト、サービス、
価値観、顧客、ワークフローなど新入社員を研修するシステムを導入しています。

入社後:新たに入社した全員にメンターが付きます。通常このメンターは、 新入社員が所属するチームにいない人物であり、ここでも新入社員の専門を広げることを促します。

90日ごとの定期チェック:マネージャーは新入社員と定期的に会って、企業のミッションやプロダクト、サービス、 価値観、顧客、ワークフローなどを議論します。このチェックを通してマネージャーは新入社員の進歩を評価し、 新入社員が目標や期待することを議論するための土台を与えます。
ニックネーム制度
ニックネームで同僚や上司と呼び合う中で、コミュニケーションを取りやすくなります。
フラットコミュニケーション制度
MRTのフラットコミュニケーションは、単にフランクに接し合うことではなく、お互いが仕事上で尊敬し合っている中で、 議論しその後、全てにおいて迅速なアクションを行うことができることです。
情報セキュリティテスト制度
MRTは、プライバシーマーク・ISMS認可取得しており、入社時以外に毎年1回情報セキュリティテストを実施しております。
社員はもちろん、役員やアルバイトなど雇用形態は問わず、すべての方が対象となっております。